スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食ふん

S__3670026.jpg

こんばんは、sotaroです。近頃、リリィを育てていて唯一気になっている点があります。「食ふん」です。人間では到底考えられないことですが、犬にとっては「食ふん」は成長過程において、どうしても避けられない道なのだそうです。フレンチブルドックに限らず、特に子犬の段階は多いそうで…気づけば自然と治るものらしいけど…ウンチに衛生上の問題があるならばなるべく食べさせたくない…。(飼い主が)寝ている間とか、どうしても避けられない時はしょうがないですが…

S__3670027.jpg
(指が入っちゃってすみません…)

それで、いろいろとネット検索してみました。どうやら、「ふんを食べたくなくなるように不味くする」のがいいらしい…ということで、ウンチに先日このブログに登場した「ビターアップル」をかけてみました(写真ではお伝えすることができません…汗)!ところが、前みたいに「ゲーッ」とも言わずに美味しく食べちゃってます(笑)あまり効果がないみたいです。

S__3670028.jpg

ならば、「ウンチの味というより、強烈なにおいが原因じゃないかな?」ということで、次はお掃除用に使うスプレー(ワンちゃんが舐めても大丈夫)を噴射してみました!すると…少しぺろっと舐めるものの、あまり興味を示してない!!…どうやらウンチを食べてしまうのは、においが原因だったそうです。前記事でも触れましたが、やはり子犬のうちはいろいろなものに興味があるらしく、どんなものも平気で食べたり噛んだりしちゃうそう。これからは、ウンチを見つけ次第、何回かスプレーをかけてみて実験してみようと思います。まあ、見つけたら感覚ですぐ片付けちゃうんですがね(^_^;)それでは、また明日!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。